オーストラリアドルとは

6度音階

6度にも、3度音階と同じように補助音を応用します。

<6度音階 準備>

※Jimdoページ上では音声と映像に時差があります。YouTubeページからのご視聴をお勧めします。

上行形では上の音を押さえている3指で、下行形では下の音を押さえている1指で補助音を入れます。

 

3度と同じように、慣れてきたらスラーをつけます。
補助音は2つスラーまで入れ、4つから外します。

※時差無しをご覧になるにはこちら


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください