オーストラリアドルとは

右手の脱力のために ~ 弓つたい

右手の脱力のために、遊びを兼ねた方法です。

 

まず、弓を縦に持ち、棹の部分をつまみながら弓先へと移動します。

この時、親指と他の4指でつまみながら移動します。

弓先まで行ったら、元弓にまで戻ってきます。

縦でできるようになったら、次は横持ちで移動します。

横持ちの時は、元弓が重いため弓先まで行くのは厳しいので、中弓まで行って元弓に帰ってくるようにします。

これをやる際は、胸、または首の前で行ないます。

悪い例です。

お腹の前でこの運動 をやると、手首が下がり、弓を握りすぎてしまいます。

また、降りてくるときに、よく中指と薬指で挟んで降りてくる人がいますが、これは訓練になりません。

小さな子の場合、「先生と競争しよう!先生の弓はあなたの弓より長いよ!」と遊びながらやると子供は喜びます。

一見遊んでいるようですが、これをやることによって、指の脱力につながります。

 

これは、最初のレッスンから開始し、毎回のレッスンの最初にウォーミングアップを兼ねてやります。

なかなかすぐにできるようにはなりませんが、毎日の積み重ねが脱力につながっていきます。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください