オーストラリアドルとは

指の独立のために ~ トリルの練習

目的はトリルのための練習ですが、これは各指の独立のためにも有効です。

必ずメトロノームを使用してください。

3種類のリズムをさらいます。

G-Durで上行形のみ、一日に2弦さらうと良いでしょう。(G・D、A・Eといった様にです)

全部やると時間がかかるので、2弦のみで構いません。

 

最初は、なかなか付点のリズムが正確になりません。

まずはG線のみで訓練し、慣れてきたらD線をプラスします。

生徒が無理なくできるように、量のバランスをとってください。

 

指導開始時期は、小野アンナ著ヴァイオリン音階教本P.7 Scales within the First Position を始めた辺り、曲は鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集2巻に入った辺りからです。

トリルの練習.png
Portable Network イメージフォーマット 550.7 KB

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください