オーストラリアドルとは

美しい音は美しい姿勢から

持ち方指導について、なぜ、私が細かく書いているか、記しておきます。

 

私は、「美しい音は、美しい姿勢から」と考えています。

 

どんな著名な演奏家でも、ヴァイオリンが下がり、右肘が下がり、明らかに見た目が良くない弾き方では美しい音は出ません。

スポーツでフォームが大切なように、楽器演奏でも、それは非常に重要になります。

ヴァイオリン演奏は、スポーツと同じようなものです。

長時間、同じ姿勢のまま弾き続けるには、極力体に負担にならないようにするのが重要です。

 

どの奏法の本を読んでも、必ず姿勢について記してあります。

色んな言い回し、表現で記してありますが・・・、単純に、見た目が美しい弾き方、まずは形を美しくすることを目差しましょう。

ヴァイオリンは、ピアノと違って、自分の手元が見えない楽器です。

教師は、毎回のレッスンで、生徒の姿勢チェックを怠ってはいけません。

 

実は、私は同じことを毎回言うことに疲れてしまった時期があります。

これは、相手をコントロールしようとしていたから疲れてしまったのです。

自分はアドバイスしている存在だと気付いたときに、楽になりました。

 

美しい音を出すには姿勢がすべてとは言い切れませんが、良い姿勢になるように、毎回毎回のレッスンで指摘していく根気が必要です。

その「根気」が、生徒を想っての行動になるように、だけれども、相手は一人の人間であり、思い通りにコントロールする対象ではないことを忘れないようにすれば、すぐに生徒が出来なくても、ちょっとづつでも成長していく姿を見ていければ・・・、そのことに気が付いた時から、指導するのは苦しみから喜びに変わりました。

指導者の方は、どうか、根気と愛情をもって、指導を続けてください。

親御さんは、どうか、いつか出来るようになると信じて、お子さんの毎日の練習にお付き合いください。

 

ここでは、具体的に、どう姿勢チェックしていくのかをさらに書いていきます。

どうか、ご参考になさってください。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください