オーストラリアドルとは

弓を持つ注意点

弓は親指と中指を必ず向かい合わせで持ちます。

持っているときは両者が軽く触れ合っているようにしましょう。

革の部分が磨り減っています。

ここに親指の爪が当たります。

革は磨り減れば交換するものなので、気にせずに使いましょう。

親指は、フロッグに当てます。

悪い例です。

フロッグの窪みに当ててはいけません。

私は、このフロッグの窪みは、弓毛を交換する際に銀のリングをはめ易くするために作った形状だと推察してます。

よく勘違いしてここで持つ人がいますが、親指を入れて持つための形状ではありませんのでご注意ください。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください