オーストラリアドルとは

弓の持ち方

お箸には持ち方があるように、弓にも持ち方があります。

ところが、箸の持ち方が正しくなくても食事が摂れるように、弓が正しく持てていなくても音は出ます。

ここが難点で、生徒は弾いている最中は自分の手元が見えないので、形が崩れていたとしても修正する気持ちが持てず、そのまま悪い癖となって成長してしまいます。

 

子供の場合、親御さんが毎日チェックしてあげてください。

そして、大人の方は、鏡を使いましょう。

 

私も、時々鏡を使って自分の弓の持ち方をチェックしています。

<弓の持ち方>

・親指と中指は向かい合わせ

・人差し指は第一関節の辺りが当たり、自然に曲げる

・薬指はフロッグの中央(パールの飾りに少しかかる程度)

・小指は立てて、バランスを取る

<弓の持ち方指導>

親指と中指で輪をつくります。

 親指を中指の第一関節までずらす。

そこで、鉛筆を挟んで持つ。

他の指をつけます。

 小指を立てることを忘れないように。

同じ要領で弓を持ちます。

親指は毛に触れて構いません。


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください